読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ソレダケ/ that's it』通常上映 6月の映画その2

6月の映画2本目。『ソレダケ』。
2013年に急逝したbloodthirsty butchersの故吉村秀樹氏のたっての願いにより着手された映画。

冒頭から…走る。
どんなに血が出ても、人が死んでも、石井岳龍の映画は「キンッ」と透き通っている。
真っ直ぐでバカバカしくて、洗練されていていて泥臭い。
ロック映画なんである。あの胸ときめかせて観た『爆裂都市』と同様、『ロック映画』なのである。
縦横無尽に場所と時間を駆ける疾走感と、生きている、そこに在るというリアリティ。
私も役者だったら、絶対、石井聰互改め石井岳龍監督の映画に出たい。

ブラッドサースティ・ブッチャーズ、1度だけライブを観たことがある。疾走する音楽なんだが、曲の合間で吉村が、あたかも、そのスピードにブレーキをかけるかのように、都度「ありがとう」というのが不思議な感じがした。他者への敬意が、こうして本人がいなくなっても周りを動かすんだろうなと、今は思う。

石井聰互改め石井岳龍の映画、何本か観ていない。
特に2013年の『シャニダールの花』知らなかった。アタシのバカー!