読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀澤堂の豆大福と山の上ホテル

先日、妹が友人と六本木で山の上ホテルの天ぷらを食べて来て、母と私は一度、山の上ホテルの天ぷらを食べに行こう、という話になり、本日、天ぷらを食べるつもりで出かけた。母は未病治療のための活動の帰り。

待ち合わせたのはいいけれど、未病治療活動の友から、山の上ホテルの天ぷらは今一つだという噂を聞いて来て、場所を変えようという提案があった。

実は、私は、天ぷらの油が苦手なんで、よっぽどのとこでないと食べない。でも、せっかくだから山の上ホテルに、ともかく行って考えようという話でまとまる。

結局、入ったのは、山の上ホテル別館のアビアントー。
私の大好きなタイプのクラシックな内装。
シルバーだって、こんな感じ。



ランチで「あんこうのポワレ」を食べる。「あんこう」と聞いただけで、頭からあかりをぶら下げてるお魚の姿をぽわわーんと思い浮かべてしまう。

デザートまで頼んじゃう。
ショートケーキと言って出て来たのがこれ。
美味〜〜〜。

世の中にはグルメなお店は沢山あって、比較にはならないかもしれないけれど、ゆったり、楽しく、気分よく、嫌味なく、美味しくご飯を食べる、のが一番。特に親と一緒の時には、親を大事にしてくれるお店が一番いいお店なのである。

帰りに、母が「あんた、ここが美味しいのよ」と言って買ってくれた亀澤堂の豆大福。お店のおばちゃんが誇らしげに「明日になったら固くなっちゃいます」という、明日、食べちゃいけない(^▽^;)この大福は餅に大豆が入っている。
家に帰って来てこの豆大福を食べたら、あまりに美味しくて、ついでに「どら焼きも今日が美味しいに違いない」と両方ぺろりと食べてしまった。

下町の人と一緒に歩くと、これだから…もう…、美味しいもの好きなんだから…ホントに…。