読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡本太郎美術館

前回の書込は1月3日ですか。そーですか。そーですか。

1年早いですね。
去年の記事はおいおいFacebookからコピーしてきましょう。

今日は岡本太郎美術館へ行ったのでした。過去のTARO賞受賞者の作品展示という企画展の中に麿赤兒さん所蔵の作品が出展されていたので。

年末から煩わされている咳が止まらず、まだ本調子ではなく、人と出かけることが無理なので1人で行ったのだけれど、あまりにも素晴らしい自然と建物、展示に、友人誘えばよかったかも。と、ちょっぴり思う。
岡本太郎の作品も展示も素晴らしい。そして岡本太郎の信念と精神を継承するTARO賞受賞者の作品の魅力的だったこと!芸術は爆発なのである。

今回初めて、私の領域外だとしてきたパブリックアートについて、少し考えたいと思ったな。

写真学校の先輩の教える大学の課外授業とニアミス。お互い、こんなとこにいるはずないよね。と目の前を通り過ぎてしまった。つまらないことだけど、人の認識なんて、そんな程度のもん。自戒の意味も込めて。