読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『サイド・エフェクト』(SIDE EFFECTS)

スティーヴン・ソダーバーグの最後の劇場映画と言われています。というか監督が、以後、テレビ作品等の製作に専念すると宣言しているんだそうです。私はソダーバーグ監督の映画は『セックスと嘘とビデオテープ』『カフカ』以来。

『サイド・エフェクト』意外な展開をして面白かったので、ソダーバーグ監督の映画を、もっと沢山見ればよかったと後悔してます。
主演はジュード・ロウ、相手役はルーニー・マーラ。ハリウッド版『ドラゴン・タトゥー』のリスベット演じてました。この映画のエミリーという役では、ルーニー・マーラの役者としての凄さを観ることができるのではないでしょか。

@TOHOシネマズ六本木ヒルズ


Side Effects Trailer (2013) - YouTube