読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらくホンⅤ

ともかく母が携帯を持ち歩かないので困ってた。
J時代の本体は、もう使い物にならず。なんたって、アンテナ立てても相手の声が聞き取りづらい。当時、私も妹もJを使っていたので、母もJにしたのだけれど、その後、私はドコモへ鞍替え。
Sから、来年には全ての機種が3Gになる、という連絡があったのを良い機会に妹と二人で、らくらくホンに換えてもらうように、ずーっと囁いてきた。
で、一昨日、渋谷のY店で条件付きで手頃な値段で購入できるのを発見し、母にとうとう納得してもらい、本日、一日がかりで携帯の購入。最初は大きすぎるわ、などと、ぶつぶつ言っていたけれど、店内の他の機種がもっと大きいのをみて納得。
ドコモは嫌、という人もいるだろうけれど、この手の商品が売れるのには、やっぱり理由がある。大きさといい、何といい、らくらくホンは年配の人には圧倒的に使いやすい。年配じゃなくたって使っている人が沢山いる。機能がシンプルで、使いやすくできているから。母は、あまりに使いやすくて感動していた。最初は抵抗があった大きさも、実は、使いやすい大きさである事を発見。
操作も、固定電話の子機と同じである事を発見して、全く抵抗がなくなったようである。そうかー。年配の人には使いやすい機能って必要ないんだ、と、私も納得。いつもと同じに使える、ということが一番大事なのね。
次は、母にドコモの無料らくらくホン講習に出てもらって、メールを覚えてもらうのである。本人も、なーんとなく、その方が楽しくていいじゃないか。見る限り、自分も機械が使える!というのは、とても嬉しいらしい。ああ、よかった、よかった。母の嬉しそうな(*^_^*)見られただけでもよかった。
これで、ちょっとは安心である。せっかくだから、今後は、ちゃんと携帯してもらえることを願うわ。