読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kissa kototoy

以前、同僚だった女性が土日祝のみのカフェを12月に葉山に開きました。せっかくのGWなので、こどもの日、歩くのが好きな友人と出かけました。
電車に揺られて、はるばる逗子へ。11時前に到着。
Zushi sta. 逗子駅の窓

逗子からバスに乗って向山というバス停で降ります。魚屋さんを左手に120歩。行き過ごして200歩ぐらい坂を上ってしまい、行き過ぎ。

このカフェは『kissa kototoy』といいます。コーヒーと手作りの和菓子が売りです。わらび餅をいただきました。
kissa kototoy

こーんな建物に、素敵な風景が潜んでいるなどと見抜くのは、ただものじゃありません。
色々迷うところの多い、私のこの1〜2年ですが、Hさんの何気ない言葉に後押しされたことが幾つかあります。
kissa kototoy

12時過ぎにお店を出て、ランチを目的に、Hさんから教えていただいたCafe Sorairoへ、真っ直ぐには向かえず、ふらふら海に立ち寄ったりしながら、ジグザグと向かいました。ランチ。豆のスープにベーグルにキノコのサラダに飲物、イチゴと白玉のデザート。
カフェSorairo

その後、逗子駅を目指して歩きました。駅に着いたのは3時だったので1時間なかったのかな?
私たちにしたら、大した距離ではなく。

当初、鎌倉で観光するつもりが、行きの電車から見た人の多さに、とても無理だと断念し、中華街へ。
電車を降りてから中華街へ行く前に赤レンガ倉庫へ行きたくなり、向かったものの、やっぱり向かう人の多さに断念。引き返して横浜税関を横目で見ながら、やっぱり中華街へ。

中華街にて。
お腹がすいたので中華街でチャーシューマンをかじり、その後、早めの夕食。
『今日は歩いちゃ食べてばっかりだね〜』と言いながら。何年かぶりの中華街、肉まん屋が乱立していることにびっくり。
友人曰く「こんなに人が肉まん食ってる街は見たことがない」私たちもその一人ですからね〜。

その後、お茶する場所を探して関内まで歩き、喫茶『ウィーン』に入ったものの19:00閉店。閉店時間が早すぎるけれど、この昭和の香りの漂う喫茶店に、結構、満足。
喫茶「ウィーン」

桜木町まで歩き、スタバ。「あ、そーか、東京まで帰らなくっちゃいけないんだ」と気付いて帰京。

しかし、こうやって写真を並べてるとオシャレだね。